失った歯を取り戻す

インプラントとは

インプラント治療

インプラントは、歯が無くなってしまった部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、人工の歯を被せたり、義歯を固定したりして、失ってしまった歯を補う治療です。

歯を失ってしまった場合、従来では入れ歯・義歯が一般的でしたが、近年、このインプラントという方法が注目を集めています。「入れ歯」の場合、硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。さらに、残っている歯にも負担をかける場合が多いです。
しかし、インプラントではそれらの悩みを解消できます。インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、見た目や機能面で天然の歯にとても近く仕上げることができます。

長岡京市の中尾歯科クリニックでは、このインプラント治療に対応しておりますので、長岡京市でインプラント治療をお考えの方は、是非当院へご来院下さい。

診療ご予約はこちら

従来の治療と
インプラントの違い

ブリッジの場合

ブリッジの場合
  • 周囲の健康な歯を数本削る必要がある
  • 大きな力がかかるので非常に弱りやすく、割れやすい
  • 土台となる歯に負担がかかり、将来的に折れる可能性がある
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 歯の無い部分の骨がやせて、食べ物がつまりやすくなる

入れ歯・義歯の場合

入れ歯・義歯の場合
  • 針金をかけた歯が弱りやすくなる
  • 義歯床の部分の歯肉がやせてくる
  • 見た目が悪い、異物感がある
  • 口の中にばい菌が繁殖しやすくなる(肺炎・カンジダ症など)
  • 外出先でも取り外しをしなければならない
  • 清掃性が悪くなり支えている歯が虫歯や歯周病になりやすい

インプラントの場合

インプラントの場合
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 周りの歯に負担をかけない
  • しっかりと固定されているので、自分の歯のように噛むことができる
  • 天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えている
  • 入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消でき、自然に噛むことができる

こんな方におすすめ

  • ブリッジで健康な歯を削るのは少し…と思われる方。
  • 入れ歯に抵抗感のある方(いればの針金が気になる方)。
  • 生まれつき歯が足りない方。
  • 病気や事故、何かのアクシデントで、歯を無くされた方。

尚、顎の骨が痩せて細くなってしまった方や上顎洞が大きい方にはGBRやソケットリフトなどといった、特殊な付帯手術が必要になる場合があります。
長岡京市の歯科医院(歯医者)中尾歯科クリニックでは、骨造成にも対応しておりますので、安心して、インプラント治療をお受け頂くことが可能です。
ただし、全身に以下の疾患がある方は、手術を見合わせた方が良いと思われます。

インプラント手術を見合わせた方がいい方

  • 高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方。
  • 心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方。
  • 血液疾患のある方。(血友病等)
  • その他、いろいろな理由で、医師が小手術には耐えられないと診断された方。

診療ご予約はこちら

骨造成について

骨が少なくて
インプラントを諦めた方も大丈夫

他院にて、骨が少なくインプラント治療を断られた方にも、骨を再生・増加させる治療「骨造成」でインプラントが可能になります。

GBR(骨誘導再生法)

GBRはGuided Bone Regenerationの略で骨誘導再生法と呼ばれる骨を増やす方法の一つです。
インプラント治療には充分な骨幅が必要です。骨が少ない方の場合には骨を増やす必要性があります。
GBRとは、インプラント治療において、十分な骨の量がない場合に用いられるテクニックの一つです。

GBR GBR

サイナスリフト法

インプラント治療を行うにあたり骨の幅や高さが必要となります。

しかし、上顎においてインプラント治療を行う上で、特に骨の高さが足りない場合が多くあります。
そのような場合に、上顎骨の上に存在する空洞(上顎洞)に骨造成を行いインプラント治療を可能にする方法をサイナスリフト法と言います。

サイナスリフト法は、上顎洞を挙げるという意味があります。
上顎にインプラント(人工歯根)を挿入するスペースを確保するため、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨補填剤を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増す治療法です。
上顎の歯のすぐ上には上顎洞と呼ばれる空洞があり、その上顎洞までの骨が薄く上顎にインプラント(人工歯根)を埋入できない場合に行います。

サイナスリフト法 サイナスリフト法

ソケットリフト法

ソケットリフト法は、上記のサイナスリフト(上顎洞拳上術)と呼ばれる手法のひとつで、上顎の骨を隔てたすぐ上、頬骨の奥にある上顎洞と呼ばれる空洞を利用して骨移植材を充填し、骨に厚みを加える技術で、インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、より簡便で安全に上顎洞の底部分を押し上げます。

ソケットリフト法 ソケットリフト法

診療ご予約はこちら

インプラント治療の流れ

STEP1

診査

インプラント治療をするにはまずは現在の状態の診査が必要です。診査には視診、レントゲン診査、CTによる診査、模型による診査があります。

診査
↓

STEP2

初期治療

診査の後、歯周病や虫歯のある方は、トータルでその治療をしなくてはなりません。
この時点で保存できない歯は抜歯することになります。(ケースによってはあとで抜歯する場合もあります)

初期治療
↓

STEP3

埋入手術(1次手術)

患者様に合った穴の位置・角度・深さをコンピューターで割り出し、その通りに手術をするための補助装置(サージカルガイド)を使ってインプラントを埋めるため、傷が少ないのが特徴です。
局所麻酔で行い、症例にもより異なりますが、手術の所要時間は15分~1時間程度です。
※骨造成が必要な場合は、15分~2時間程要します。

埋入手術(1次OPE)
↓

STEP4

術後の管理【1次手術の翌日】

術後は抗生物質と消炎鎮痛剤を服用してもらいます。多くの場合はひどい痛みはありません。
CTで三次元的に安全を十分考えて手術をしますので、術後の合併症はまずありません。

術後の管理【1次OPEの翌日】
↓

STEP5

2次手術【手術日より3ヵ月~6ヶ月】

最初の手術では当院の場合完全に歯肉の下に隠れるようにインプラントを埋め込む場合が殆どです。
その場合、2次手術ではぐきの上にインプラントの頭が出るようにします。
この手術は1次手術よりも時間はかかりませんし、切開する範囲も狭いです。
ここでインプラントにヒーリングアバットメントと呼ばれる歯肉を貫通する長さのネジをとりつけます。

2次手術
↓

STEP6

型とり【2次手術より6~8週間空ける】

骨の結合を待って、型とりとレントゲン撮影をします。ここで採った精密な印象をもとに歯を作成します。

型とり
↓

STEP7

上部構造装着

最終的な歯が装着されて、やっと噛めるようになります。

上部構造装着
↓

STEP8

メンテナンス

終了後もインプラント周囲の炎症をおこさないよう、定期的なメンテナンスを続けていきます。

メンテナンス

治療費のご案内

※下記掲載内容は2020年9月末現在のものです。
※価格は全て税別表記です。

以下のインプラント治療1本の料金には、インプラント体と上部構造=被せ物を合わせた費用です。
上部構造(=被せ物)とは歯にあたる部分です。この歯の部分である被せ物によって料金が異なります。

インプラント治療費

インプラント+上部構造:ハイブリッドレジン 1本 350,000円
インプラント+上部構造:メタルボンド 1本 400,000円
インプラント+上部構造:オールセラミック 1本 450,000円

オプション

ジルコニアアバットメント 1箇所 +50,000円
サイナスリフト 1箇所 +250,000円
ソケットリフト 1箇所 +80,000円
GBR 1箇所 +50,000円~100,000円

デンタルローンのご案内

デンタルローンとは、歯科治療費を信販会社が患者様に代わって歯科医院に立替払いするローン契約です。
患者様には信販会社に分割でお支払い頂く方法です。(※矯正治療や審美治療などの自費診療でのみご利用可能) クレジットカードの分割やリボ払いは、金利が高い事が多いため、分割回数が多い場合はデンタルローンをお勧めいたします。
当院では、アプラスデンタルローン(新生銀行グループ)を導入しております。 アプラスのデンタルローンは「Tポイント」も貯まります。

このデンタルローンをご利用頂けば、患者様には月々わずかな負担で思い通りの治療を受けて頂くことができます。
また、患者様のご希望に合わせた分割によるお支払いプランを組む事ができます。そして、アプラスのデンタルローンご利用金額すべてが医療費控除の対象となります。(※医療費控除の金額には上限があります。)
アプラスのデンタルローンの詳細は、ご来院時にスタッフにお尋ね頂くかバナーからご確認下さい。

デンタルローンの詳細はこちら

医療費控除のご案内

医療費控除のご案内 医療費控除のご案内

※注1:総所得金額が200万円以下の場合は、その5%の額となります。
※注2:生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費、出産育児一時金などを指します。

医療費控除のご案内 医療費控除のご案内

※注3:総所得により税率(所得税・住民税)は、異なります。税率の詳細は国税庁のホームページをご参照下さい。

医療費控除のご案内 医療費控除のご案内

※その他所得に関する所得税の税率の詳細については、国税庁のホームページをご確認に下さい。

中尾歯科クリニックについて

当院の院長紹介とクリニック紹介です

院長 中尾 幸介

院長 中尾 幸介(Nakao Kousuke)

はじまめして、院長の中尾です。
インプラント特設サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
おそらく本サイトをご覧になられている方は、インプラント治療をご検討中の方だと思います。そして、インプラント治療を受ける歯科医院を選ばれる上での1つの判断基準は歯科医師の技術ではないでしょうか?

私、中尾幸介は、OSSTEM IMPLANT(オステムインプラント)のアドバイザリーを務めており、インプラント症例数も数多くの実績がございます。また、インプラント治療の研鑽を積む為、ドミニカ共和国へインプラント治療の海外研修にも参加した経歴があるほど、インプラント治療に力を入れております。

もちろん、当院ではインプラント治療に力を入れておりますが、歯を欠損した場合、提案する治療方法はインプラントだけでなく、入れ歯やブリッジなど患者様の口腔環境に適した治療方法をご提案させて頂きますので、安心してご来院ください。

また、インプラント治療は残念ながら自費治療となるため、保険診療では対応できませんが、当院ではデンタルローンも導入しております。分割でのお支払いにも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

経歴

  • 熊本県立 熊本高校 卒業
  • 国立 徳島大学歯学部歯学科 卒業
  • 徳島大学総合歯科診療部にて研修
  • 京都府 安田歯科医院 勤務
  • 京都府 西院デンタルクリニック 勤務
  • 大阪府 医療法人慶誠会 グリーン歯科医院  勤務
  • 京都府 医療法人幸加会 スギモト歯科医院  勤務
  • 京都府 江口矯正歯科クリニック  勤務

所属

  • 日本歯科医師会
  • 日本矯正歯科学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯周病学会
長岡京市 中尾歯科クリニック

〒617-0843 
長岡京市友岡4-21-13ルピナス・ヴィータ2F
TEL:075-754-7775

診療時間
10:00~13:00 ×
14:30~19:30 ×

日曜日も診療
【休診日】祝祭日・木曜日
★土曜日・日曜日の午後は14時~18時まで

外観

医療広告のガイドラインに準拠した
治療に関するご説明

「インプラント」の表記については、
ガイドラインの限定解除要件を満たして
掲載しております

治療内容 人工歯根(=インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを土台として別途作製する人工歯(上部構造)を装着します。
標準費用(自費) 保険は適用されません。自費診療となります。(※以下税別価格)

35万円~45万円(インプラント治療1本あたり)
※患者様が選択される人工歯根(インプラント体)及び人工歯(上部構造)により金額が異なります。
※顎の骨が痩せて細くなってしまった方、上顎洞が大きい方にはGBRやソケットリフトなど、特殊な骨造成などの付帯手術が必要になる場合があります。(1部分=50,000円~250,000円)
治療期間・回数 口腔内の状況や治療内容により異なりますが、通常4~6ヶ月かかります。
副作用やリスク
  • 治療には必ず手術を伴います。
  • 重度の歯周病がある場合は、埋入後、脱離のリスクが高いです。
  • 体質等によりインプラントと骨の定着が困難な場合があります。
  • 顎の骨が痩せて細くなってしまった方、上顎洞が大きい方にはGBRやソケットリフトなど、特殊な付帯手術(骨造成)が必要になる場合があります。
※以下の方は、インプラント治療を見合わせて頂く方が良いです。
  • 高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方。
  • 心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方。
  • 血液疾患のある方。(血友病等)
  • その他、全身疾患の持病等がある方。
ネット診療予約